Page: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Very Swedish
スウェーデンに住み始めて2ヶ月が経とうとしています。
まだまだスウェーデンという国、スウェーデン人が見えませんが、はじめて外国に住む経験をしている私にとって、微妙なカルチャーショックが続きます。

一般に言われていることと、私が体験した、見聞きした話を交えて紹介したいと思います。

■まずはスウェーデンという国について。
面積は日本の約1.2倍、人口は約900万人でだいたい大阪府の人口くらい。
福音ルーテル派のクリスチャンですが、街に素敵な建物の教会がありますがあまり信仰深い人を見たことがありません。
 首都はストックホルム。カール・グスタフ16世さんが国王で、民族はスウェーデン人が90%、フィンランド人3%、その他7% と公式発表しているみたいですが、おそらく15%以上は外国人だと思います。ボルボやエリクソンなどの高い技術力をもった企業が有名です。

 一般的な印象はまずスウェーデンのデザイン、家具やテキスタイルはとても有名で、洗練されたおしゃれな国というイメージを持つ人がたくさんいるかと思います。
 「ゆりかごから墓場まで」税金は高いけど、社会福祉が充実していて、病院も学校も無料。環境先進国という印象もあるかと思います。私もスウェーデン語の勉強を始める前はそう思っていました。実際今もそう思っていますが。。。
 あまり表に見えにくいスウェーデンを紹介します。少しネガティブな印象だけども、個人的にはそれも含めてこの国が好きです。いいとこだらけの国なんて存在しないでしょう。
 まずは高い税金。所得税は約50%と聞いたことがあります。消費税は25%。それでも支えきれなくなりつつある高福祉、移民対策の問題。
 移民は増え続けるけど、その教育を含めたケアが十分にできなくなりつつある貧しい地方自治体(というか、他にお金を使って移民施策に予算がいってないという話もききます)。
 移民はほんとに多いです。
 かつてスウェーデンは労働力を補うために積極的に移民を受け入れたという話は有名です。ストックホルムの街を歩けばいろんな人種がいて、いろんな言葉が聞こえてきます。また、労働力不足を女性が働くことで補っていたので、現在女性の就業率が高いのはそのせいだという話もあります。    
 難民も積極的に受け入れています。ユーゴスラビアやアフリカからの戦争難民が多い様です。ユーゴスラビアの内戦がひどかった1994年以降、ユーゴスラビアからの移民は3万人を超えているらしいです。
 学生の頃、個人的な興味もあり移民難民について調べました。日本人が南米やハワイ、アメリカに移住してどのような生活をしていたかということを中心に調べていましたが、日本の難民受け入れについても調べました。
日本は年間何人難民を受け入れているか想像できますか?なんと5人にも満たないのです。昔はインドシナ難民、いわゆるボートピープルを数年間にわたり約1万人は受け入れたそうです。でも最近は。。。ここ15年は極端に少ないですね。しかもその難民申請中の外国人は収容所のようなところで生活していて、結局難民認定されずに帰国させられる場合もあるそうで。ちなみに収容所は大阪の茨木にあります。日本のその事実にびっくりしました。
 それに比べてスウェーデンは寛大な国です。住宅が与えられ、病院も行けて、スウェーデン語とその他一般的な教育も受けられる。いい国ですね。というきれいな話におさまればいいのですが、やはり高い税金を払っている一般スウェーデン人たちはその移民、難民の人たちが生活し、勉強することに税金が使われていることをよく思っていない人もいる。という話を学生の頃聞きました。そりゃそうだろうと思っていましたが、最近友達からすごい話を聞きました。
 
 アラブ系の若い女性がバスの中で大きな声で母国語で電話をしていたら、スウェーデン人のおばあさんが、「ちょっと静かにしなよ」という感じで注意したらしいのです。それでもその若い女性は話をやめずに話続けたそうです。
 またおばさん、「ちょっと、うるさいわね。まったく、あんたたちみたいな移民はモラルがないわね、だから街はおかしくなっていくのよ」というような内容のことを若い女性にかなり厳しく言ったみたいです。バスの乗客はみんなシーンとしてうつむいて、知らん顔で固まったようです。
 若い女性は半分泣きそうになりながら「子どもが事故に遭って、救急車で運ばれてどこの病院に居るとかって話をしてて、こっちも緊急事態なの。私たちみたいな移民を受けいれることを決めたのはスウェーデンという国でしょ!」
というようなことを言ったようです。また乗客シーン。。。おばさん、アラビア語わからないから何話しているか知らなかったのですね。
 こんなことが起こるのは希だそうですが、このエピソードにもあるように治安が悪くなるのを移民のせいにしたり、あまりよく思っていない人も中にはいるそうです。

 私もここに居ると「外国人」になっているので、世間の目はとても厳しいと被害妄想かもしれませんが、そう思ってしまう時があります。アジア系=中国、タイ、ベトナム、韓国と思っている人が多いみたいで、私も実際(見た目も日本人ぽくないですが)最初に日本人かと言われることはまずないです。日本人だからって何も優位なこともありません。Sushi!おいしいよねって言われるくらいです。
 ちょっと話はそれますが国際養子縁組が盛んです。特に韓国とカンボジアからの子どもを受け入れています。両親白人なのに子どもがアジア系という家族も珍しくありません。この前32歳の韓国からの養子で来たという人に会いましたので、1970年代から始まっているのでしょうか。
 さて、話は戻って、初対面で話がはじまり、中国人か?と聞かれて、日本人と答えると、長く住んでるの?と聞かれます。
6週間だと答えると、スウェーデン語がうまいわねーたった6週間で。日本で勉強したのだと言うと。かなりの確立で感動されます。
 たった900万人しか話さない言葉をわざわざ日本で勉強したなんて!という感動らしいです。

 たぶんその事実を話す前は、どうせおまえも移民だろうという様な目で見られているのではないかとびくびくしたりしています。税金も払っていないのに住んでる私がだめなのです。ごめんなさい。
 あるいは私が思うほどそんな目で見られていない気もしますが、聞いた話では人種差別は少しあるようです。例えば就職をしようとして、履歴書を送ってみるけど名前を見て(民族がわかるので)就職が不利になることがあるとフィンランド人の学校の友達が言っていました。フィンランド人でさえ不利になるとは驚きです。
 その他、スウェーデンは高い離婚率や失業率、都市部の治安悪化など明るくない話題もあります。もちろん素敵な国だなと思うこともたくさんありますので、ブログでぼちぼち紹介していきます。特に環境に関することは学ぶべきことが多い国です。

■スウェーデン人について
ガイドブックなんか読むとスウェーデン人はシャイで親切。日本人にとても似ているという記述があります。
 人にもよりますが、一般的にそうだと私も感じます。

スウェーデン人の男性は上記にあるようにシャイだと思います。
ローゼンダールのカフェで働くマッティンは毎日顔を合わせておはよー、調子どう?くらいのことしか言い合わない間柄だったのですが、そんな日々が1ヶ月続いたある日、ハイタッチ!と手のひらを私に向けました。なんだ?!このテンションと思ったら、夏の始まりのような気候の日で、天気がいいから!ってことで、ココロが踊ったみたいです。行きなり笑顔でハイタッチ!
 やっとココロを開いてくれたのですね。

あと、お酒を飲まないと本当のことが言えないという話も聞いたことがあります。また、恋愛に関してつき合おうとか、結婚しようというようなことを男性が言う勇気はないようです。はずかしくて言えないよーとのこと。日本人男性ははずかしくて言えないのじゃなくて責任を逃れ(何かあったらうまく逃げられるように)の観点から言わないとananに書いていました。笑
心当たりあり!ほんとそうだと思います!

一方、女性はほんとに元気。というかハキハキしています。
正直、ちょっと怖い時もあります。

今日とてもおもしろいことを発見しました。話し方についてなのですが、例えば会話の中で聞こえなかったことがあったら、男性は「ごめん、もういっかいもういっかい」と柔らかく言っていました。一方女性は「何?!」英語でいうwhat?!とちょっときつめ。
 もしかしたらたまたま個人差があるのかもしれませんが、もちろんおっとりと柔らかい女の子もいますが、だいたいはっきりしている子が多いという印象です。

学校の先生で、40歳くらいの女性がいます。彼女は職人気質でかなり厳しいです。言い方もとても厳しくて、ちょっとへこむこともありましたが、彼女の性格か、あるいは一般的なスウェーデン人の部類なのかと思って仕方ないな女性が自立している国だ、これくらいじゃないと社会でやってけないんだ。これも文化だ。と思っていたら、他の生徒が来週カタリーナ(その先生)のことでミーティングを持ちたいの。と他の男性の先生に言っていました。ちなみに他の生徒はみんな年上、私が最年少。何をするのかと詳しく聞いてみるとなんと生徒全員、彼女の言動がとても厳しいと感じていて、ちょっと直してもらわないとこっちも精神的にまいっちゃうと思っていたようです。
 いくら先生とはいえ、ちょっと言葉がきつすぎる。ちゃんと話して彼女にも態度を改めるなど学んでもらわないと。。。と言っていました。おおおお。
お局さんにもの申す!みたいなことになるのでしょうか。その後ぎすぎすしたり日本ほどねちねちしていないと思いますが、来週ちょっと怖いけど、怖いもの見たさでちょっとたのしみです。どんな風にみんな本人に話すのでしょうか。

一概に国民性で括ることはできません。やっぱりいろんな人がいるものです。
ここに来て2ヶ月、いろいろありますがスウェーデンという国がだんだん好きになってきました。
 相手にココロを開いてもらうのに時間がかかるなということはやっぱり感じます。この前作った抹茶パウンドケーキはかなり効果的で、あまり話さなかったカフェのお姉さんたちも最近私に話しかけてくれます。“きっかけ”のしかけも大切ですね。

長々と書いてしまいました。

| keiko | 06:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
休日にケーキを焼くしあわせ
今日はメーデーでお休みでした。
お昼はお庭のバイトの現場を見に行き、
夕方はぷらぷらとお散歩にでかけ、ばったり友達夫妻に出会いました。
ストックホルムでばったり再会というシチュエーションが最近とても多いのです。
小さい街だからか私がラッキーなのか。みなさん私のことを見つけてくれます。
ありがとう!!目が悪いので自分から気づきにくいのです。ごめんなさい。

さて、夜にふと思い立ってケーキを焼いてみました。
明日のFIKAに持っていくんだ!
と意気込みまして、、、

学生の頃はよく焼いていたのだけど、
最後にケーキを焼いたのは砧公園ピクニックだったような。
サプライズ誕生日をしてもらったので、(ありがとう!)去年の話か。。

会社の寮に居た頃はオーブンがなかったので、
炊飯器でブラウニーとかバナナケーキを焼いていました。
二度炊き、いや二度焼きしないとうまくいかないのです。
興味のある方はネットにレシピがあるので試してみてください!

さて、今日は抹茶ケーキをつくりました。
日本から持ってきた抹茶と、こちらで売ってる黒い豆で和風のパウンドケーキです。
豆の表示が黒い豆と書いてあり黒豆になる!と思って買ってみたら、
黒豆というよりは小豆のような豆でした。

それを砂糖で甘く煮て・・・
あずき

抹茶生地もできあがり・・・
(ちなみにこのボールはswedish designで50年代か60年代からあるらしいです。
形を変えず使われ続けてるのがすごいですね。とてもスタイリッシュ!)
抹茶

水気を切った豆を混ぜて焼きました。
ケーキ

抹茶の味!

当たり前だけども。
みんなの反応が楽しみです。

抹茶が恋しくなりました。
毎日飽きもせずに紀文の抹茶豆乳飲んでたほど抹茶味のものが好きです。

次はパン作りに挑戦!
お菓子を焼くのって幸せを感じますねー

| keiko | 06:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
手作りワイン!
ワイン

友達が家でワインを作るといって張り切っていました。
最初聞いたときほんとにできるの?!って半信半疑でしたが、
なんとか形になってきていました。

■材料
水、りんご(さいの目切り)、じゃがいも(さいの目切り)、イースト、レモン汁

材料をIKEAで買ったでっかい花瓶に入れてサランラップでふたをし、
寝かして1週間。
とても大量でその花瓶には軽く10Lは入ってた。。
それを瓶に小分けにし、またじっくりと2ヶ月くらい寝かせるそうです。

ワイン

においはまだまだきつい感じ。
でもご満悦でした。6月にパーティーだって!
小分けにする瓶もわざわざIKEAに買いに行ってたので、
「ペットボトルじゃだめなの?」と聞くと
「雰囲気が大切」だって。さすが?!センスを大切にするのですね。

さて、スウェーデンではお酒はとても高い!そして買うがめんどくさい。
(だからワインを作ったのか、それとも何でも手作りするこっちの人の凝った楽しみなのか。。。)
というのも国が管理してるSystembolagetっていう酒屋さんじゃないとお酒が買えないのです。
ちなみにアルコール度数3.5%以下の軽いビールならスーパーでも買えます。
Systembolagetの営業時間は月ー金は20時くらいまで、土曜日は昼の4時間、そして日曜日は開いていません。
レジで必ずIDを見せます。
結構厳しい。そしてお酒も高いのでスウェーデンの南の人は週末デンマークまで買いにいったりするみたいです。

お店で飲む時も必ずIDを見せます。
厳しいクラブなどはエントランスでIDを見せます。
バーとかも席に着くなりIDだ!って言われていまいます。
若く見られているのでしょうか。。。(うれしい!!)
ここは飲酒は18歳からです。


| keiko | 05:53 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
お部屋探し
朝起きたら雪景色!
窓の外に見える風景です。
ゆき

昨日の午後から雪が降ってて、めっちゃ寒い中お部屋探ししてきました。
お部屋探しといってもルームシェアなので、日本みたいに不動産屋さんに行くのではなく、
基本ネットで探してその部屋の持ち主に電話をするのですが、
なかなか情報がないので、住みたい地域の大学やスーパーの掲示板に
張りまくってきました。「お部屋探しています!」っていう張り紙。

はりがみ

雪の中がんばったので、何かレスがあるといいなと思っています。
ケータイも買いました!
携帯番号とかメルアドとか張り紙に載せたけど、
あまり悪用する人はいないのか?結構平気でみんなそんなことやってます。
ストックホルムの住宅事情は最悪で、みんな見つかるといいねっていうような
コメントのみ。
お部屋を見つけるのはとても難しいようです。
値段は東京とあんまり変わらない気がします。
ルームシェアで8畳くらいあって4万〜6万くらいが相場でしょうか。
だいたいが電気代、水道代、ネット代込み。
それ以上のアパート貸し、2LDKとかになってくると相当高い。
街中だと西麻布くらい。郊外だと川崎市くらい。

昨日一件ネットでみつけたお部屋貸します!って人に連絡をしました。
女子2人でシェアしてるから、もう一人募集って言ってるわりには、
電話の声はオトコ!
しかも「今日はボーイフレンドのとこ泊まるから明日お部屋見に来て!」って。
え、ボーイフレンドって?!スウェーデン語でポイキベンって言うのですが、
間違いなくそう言った。。。
これは楽しみだ!
| keiko | 15:38 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
晴れた日曜日
久しぶりに青い空が見えた日でした。


樹形

町中の木なのにのびのびと育って、樹形がきれいです。
すべて落葉広葉樹。図鑑を買う予定なので樹種は調べます!
見当のつく方、ぜひ教えてください。
ソメイヨシノみたいな樹皮をしているものがよく街路樹に使われています。
アプローチ

こちらは近くの病院へのアプローチ。こういうアースワークは広い土地ならでは。
こういうの好きです。
アースワークといえば、スウェーデンの有名な建築家、
グンナール アスプルンドの有名な世界遺産の「森の火葬場」について近々レポート予定です。

最近は毎朝ジョギングにでかけます。
土曜日に近くの学校での蚤の市を見つけ、日曜日も引き続き開催とのこと。
2日目はお金をもってチェックしにいきました!
ロピス
ロピス2

蚤の市はLOPPIS(ロピス)といいます。
家庭でいらなくなったものを中心に売りますが、
中には北欧といえば!という陶器メーカのGustavsbergのものなど、
ちょっと日本ではお高いものがころがっているので、
それをチェックするのも楽しいですし、高価なものじゃなくても、
独特の素朴なデザインの食器や布を見つけるのも楽しい!
このLOPPISですてきな出会いがあり、お友達ができました。

さて、午後はヨーテボリに住んでるマヤがストックホルムに寄るというので
ランチをしました。
彼女はあんまり連絡をしない子なので、きっとみんな心配していたことでしょう。
マヤは元気でしたよー!4月に帰国予定とのことです。

| keiko | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
到着しました
ストックホルムに到着しました!
スカンジナビア航空に乗るのははじめてで、とても興奮しました。
飛行機の中の内装もおしゃれ!
飛行機

いまはストックホルムの中心から地下鉄で10分のところにある
アパートに部屋を借りています。
ポーランド人のおばさんが持ち主で、娘さんが独立されたので、
お部屋を貸していただいています。
外の気温は6℃。そんなに寒くなくて安心しました。
気温

これから学校が始まるまで、もう少し都会でお部屋探しです!

| keiko | 17:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
出発前のご挨拶まわり
出発前の短い期間でしたが、3月に入り約10日間で
北欧とランドスケープ関係の方々たくさんの人たちにお会いしました。
みなさまお忙しい中、お時間ありがとうございました!

北欧雑貨店ロピスラボのSeikoさん
 約3年前からお知り合いになった彼女は、北欧といえば彼女!というほど有名な方。
 スウェーデン人のだんな様とお二人でデザインユニット「Aj!design」を主催し、
 デザイナー、エッセイスト、店主とお忙しい日々。
 久しぶりにお会いして近況報告、共通の友人や、北欧生活の話などなど。。。
 さすがのセンスで買い付けのセレクトがキュート!!
 関西在住の皆様はぜひチェックしてください。
いつも素敵なSeikoさん
いつもすてきなSeikoさん

ロピスラボ店内
ロピスラボ店内

■私の恩師大津先生と、バイト仲間の素敵な稲垣さん
 都市計画コンサルP社でバイト時代の社長で、私の大学の先生。
 現在は神戸の某大学で教授になられてご活躍中。最近おじいちゃんになったとか。
 相変わらず素敵な稲垣さんとは話が尽きません。
 土佐料理を食べに行きました。初めてくじらを食した日でもありました。


大津先生 土佐料理屋さんにて
大津先生 土佐料理屋さんにて

■学生時代大変お世話になった橋本先生とSKBのみなさま
 大学の先生でありバイト先の社長であった橋本さん、
 関西を熱くする楽しいことに参加させてもらったりと
 大変お世話になりました。今もおもしろそうなプロジェクトが進行中です!!
 今回はじっくりお時間をいただき、先生が今に至るヒストリーをお伺いし感動しました。
 先生には到底及びませんが。。。私もがんばらないと!と刺激を受けました。

■高崎設計室訪問
 めちゃくちゃ短い滞在時間約20分。。。
 突然のアポ&訪問申し訳ございませんでした!!
 こちらも素敵なオフィスで、高崎さん本田さん、慌ただしく去ってしまい本当にごめんなさい。 
 ご紹介いただいた例の件は、実際に実るように策を練る予定です。

■ハーモニーフィールズさん
 北欧の伝統音楽を中心に日本に招聘する会社の小巌さんとなっちゃん。
 なっちゃんとは大学の同級生で、こちらも夏に向けて楽しそうなプロジェクトが進行中。

 学生時代からアドバイスをいただいている小巌さんとは 熱いお話をしました。
 北欧音楽と建築とは関係ないようでありなのですね。
 たくさんの情報ありがとうございまいた。
 長居してしまってごめんなさい。ワッフルおいしかったです!

夏の白夜祭イベントで忙しいなっちゃん
夏の白夜祭イベントで忙しいなっちゃん

みなさまお忙しい中お時間をいただきありがとうございました。

いよいよ今日出発です。
超ハードフライト!伊丹→成田→コペンハーゲン→ストックホルム
飛行機楽しみだなぁ。

それではいってきます!

 
| keiko | 01:01 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログつくりました!
ついにブログを開設しました!

スウェーデン(ストックホルム)での8ヶ月間を充実したものにすべく、
北欧のランドスケープデザインについてみなさまにレポートすると同時に、
わたしの安否、何をしているか?などなど発信していきたいと思います。

よろしくおねがいします!

| keiko | 12:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Sponsored Links

Profile

counter

ブログパーツUL5

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode